この研究班は、平成29年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業「児童自立支援施設の措置児童の被害実態の的確な把握と支援方策等に関する調査研究」(厚生労働省指定研究)に取り組んでいます。

研究班メンバー

野坂 祐子NOSAKA Sachiko

大阪大学大学院人間科学研究科・臨床教育学講座 教育心理学分野,准教授・臨床心理士

性暴力や犯罪被害等によるトラウマやグリーフに関する研究と臨床を専門とする。とくに、子どもの性の安全や健康の観点から、被害と加害の双方への支援や介入を行っている。

主著:『マイステップ:性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育』(共著:誠信書房,2016年).『子どもへの性暴力:その理解と支援』(共編;誠信書房,2013年).『あなたに伝えたいこと:性的虐待・性被害からの回復のために』(共訳;誠信書房,2015年)ほか。

山本 恒雄YAMAMOTO Tsuneo

愛育研究所 客員研究員、臨床心理士。

子ども虐待や性暴力被害等など、子ども家庭福祉ソーシャルワークを専門とする。1975年4月より2008年3月まで大阪府子ども家庭センター(児童相談所)で、児童心理司、児童福祉司、次長兼虐待対応課長等として勤務。日本子ども家庭総合研究所を経て、2015年より現職。その他、厚生労働省、内閣府、警察庁等で子どもの性暴力被害等に関する専門委員などを務める。

主著:『知的障害・発達障害のある子どもの面接ハンドブック:犯罪・虐待被害が疑われる子どもから話を聴く技術』(共監訳;明石書店,2014),『性的虐待を受けた子ども・性的問題行動を示す子どもへの支援;児童福祉施設における生活支援と心理・医療的ケア』(分担執筆;明石書店,2012)ほか。

亀岡 智美KAMEOKA Satomi

兵庫県こころのケアセンター副センター長・研究部長、子どものこころ専門医、日本児童青年精神医学会認定医。

子どものトラウマ治療にあたり、トラウマフォーカスト認知行動療法(TF-CBT)の研究や技術指導に携わる。大阪府立病院を経て、大阪府立中宮病院松心園に勤務。2001年より、大阪府こころの健康総合センター、2012年より現職。日本トラウマティックストレス学会副会長。

主著:『子どものためのトラウマフォーカスト認知行動療法―さまざまな臨床現場におけるTF-CBT実践ガイド』(共監訳:岩崎学術出版,2015),『臨床医のための小児精神医療入門』(分担執筆:医学書院,2014),『改訂第2版現代児童青年精神医学』(分担執筆:永井書店,2012)ほか。


研究協力者

浅野 恭子ASANO Yasuko

児童福祉分野で働く臨床心理士。

子どもの性問題行動の理解と支援、また被虐待等のトラウマへの支援について取り組んでいる。

著書に『マイステップ:性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育』(共著;誠信書房,2016年)、『子どもへの性暴力:その理解と支援』(分担執筆;誠信書房,2013年)他。訳書に『ロードマップ』(監訳:藤岡淳子,誠信書房,2009年)、『あなたに伝えたいこと:性的虐待・性被害からの回復のために』(共訳;誠信書房,2015年)ほか。

藤原 志帆子FUJIWARA Shihoko

人身取引被害者サポートセンター ライトハウス 設立者・理事。

米国NPOポラリスプロジェクト(ワシントンDC)での勤務を経て、2004年に日本で人身取引被害者の支援団体を設立。強制的な売春やアダルトビデオ出演などの人身取引をなくすために、LINEや電話相談による被害の発見と救済事業を開始。人身取引被害を受ける人々への現場支援の傍ら、児童施設や入国管理局での研修講師としても活動している。

著書に『ハーフ・ザ・スカイ』(解説担当;ニコラス・D・クリストフ,シェリル・ウーダン著,北村陽子訳,英治出版,201年)、『平和は人権―普遍的実現をめざして』(分担執筆;解放出版社,2011年)ほか。