リーフレットダウンロード

子どもの性の健康に関する心理教育用教材です。
心理教育とは、健康に関するさまざまな問題について、子ども本人や保護者・教員などが、基本的な知識を学び、「自分だけではない」と知ってエンパワーされるような説明のことです。誤解をなくして、正しい対処や対応をすることができます。
子ども向けの教材は、子どもに渡すだけではなく、大人が読み聞かせながら活用してください。一緒に考えてくれる大人がいるということが、子どもの支えになります。

心理教育用教材(ダウンロード可)

性暴力にかんするもの

大人向け

『安心・安全なくらしのために ~施設内での性問題行動の理解と支援~』

安心・安全なくらしのために ~施設内での性問題行動の理解と支援~

ダウンロード
 
施設内での子どもの性問題行動に対応する職員のためのリーフレットです。 性問題行動の予防のために、事前に職員が知っておき、日常生活で気をつけること、実際に性問題行動に気づいたときに取り組むべきことをまとめています。性問題行動の早期発 見と被害・加害の双方の子どもへのケアのためにご活用ください。
 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般 )「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的 介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

大人向け

『どうしたらいいの? ~きょうだい間の性暴力を知ったとき~』



ダウンロード
 
きょうだい間での性暴力が起きた家庭の保護者のためのリーフレットです。保護者やそれぞれのきょうだいのケアや対応にあたる、児童相談所の職員の方などにお使いいただけます。被害を受けた子どもへのケアと、加害をした子どもへの対応の両方が必要になるため、保護者の理解と協力が欠かせません。支援のポイントをまとめましたので、ご活用ください。
 

※このリーフレットは、平成24年度文部科学省科学研究費助成事業「子どもの性被害と性加害への心理教育的アプローチ-性的発達の観点から-」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

子供向け

『はなしてくれてありがとう ~性暴力被害からの回復に向けて~』



ダウンロード
「何が起こったんだろう…」「自分が悪かったのかも…」など、性被害を受けた女の子や男の子のさまざまな気持ちに対して、性暴力の説明や被害後の気持ち、リラックスするための方法などが書かれたリーフレットです。 

小学校高学年くらいを対象としていますが、中高生にも使えます。また、年少の児童にも、大人が読み聞かせてあげれば理解できる内容です。

※このリーフレットは、平成21年度文部科学省科学研究費補助金「子どもの性暴力の影響と加害少年への教育的取り組み」および平成22年度大阪教育大学戦略的重点経費若手教員等研究助成経費「学校危機としての性暴力に対する教職員用マテリアルの開発」(研究代表者:野坂祐子)により作成されました。

大人向け

『子どもをささえるためにできること~性暴力被害にあった子どもの回復のために~』〔改訂版〕



ダウンロード
 
保護者や教員、施設職員の方など、性被害を受けた子どもの身近にいる大人のためのリーフレットです。「まさか、うちの子が…!?」「なにをしたらいいか、わからない…」といった大人のショックやとまどいの気持ちは、自然なものです。大人が性暴力について正しく理解し、子どもへの具体的な対応を知ることで、子どもをサポートできます。子どもへの対応についてQ&Aも載っています。
性問題行動ニーズを理解するための情報を加えた改訂版です。 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般)「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。


一般的なストレスに関するもの

子ども向け

『やってみよう! ストレスチェック ~こころとからだの安心・安全のために~』

『やってみよう! ストレスチェック ~こころとからだの安心・安全のために~』

ダウンロード
 
子どもが自分の心身の状態をチェックし、日常生活のなかで取り組める対処法をリストアップするワークシートです。被害の有無や内容を特定していないので、どの子どもにも使えます。何らかの被害を受けた子どもには、簡易なアセスメントとして用いることもできます。やりとりのなかで、子どもが「自分のことをわかってもらえる」と感じられるよう、サポートしながら一緒に取り組んでください。また、グッドライフモデル(GLM)に基づいた生活充実度のチェックと目標設定もできます。GLMの考え方や具体的な内容は、『性加害行動のある少年少女のためのグッドライフモデル』(藤岡淳子・野坂祐子監訳,2015,誠信書房』をご参照ください(※GLMは性被害体験のある子どもにも活用できます)。小学生から高校生に適しています。
 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般)「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

子供向け

『ココロとカラダのチェックをしてみよう&リラックス法』



ダウンロード
 
つらかったことや思うようにならなかった経験があると、その後、時間が経過してもストレス反応がでることがあります。また、何かのきっかけで調子が悪くなることも自然なことです。
こうしたストレス反応がおきたときに、セルフチェックをし、自分の心身の状態を理解することは、健康を守るうえでとても大切なことです。また、呼吸法や筋弛緩法と呼ばれるリラックス法、子どもができる問題解決法なども紹介されています。
 

※このリーフレットは、平成22年度大阪教育大学戦略的重点経費若手教員等研究助成経費「学校危機としての性暴力に対する教職員用マテリアルの開発」(研究代表者:野坂祐子)により作成されました。


カウンセリング用ワークブック(申し込み制)
性暴力にかんするもの

※研究会で作成したワークブックです。
現在、在庫がなくなり頒布は終了しています。

子供向け

『My Step ~わたしのためのノート~』

性暴力被害を受けた子どものカウンセリング用ワークブックです。性暴力の理解や被害後の心身の変化、対処行動等の学習からなる6セッションの面接で活用いただけます。対象年齢は小学校高学年を想定していますが、中高生にもお使いいただけます。男女ともに使用可能です。
このワークブックは研究中のもので、無料頒布いたしますが、ご使用の前後にアンケートのご記入をお願いしております。感想等のフィードバックをいただくことで、よりよい教材を作成したいと思います。ご協力お願いいたします。
本冊子は、性暴力支援の臨床をおこなっている専門家のみ、申し込みいただけます。
 

※この冊子は、平成22年度厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究「個別施策層(とくに性風俗に係る人々・移住労働者)のHIV感染予防対策とその介入効果の評価に関する研究」(研究代表者:東優子)における分担研究「生活困難を抱える女子のセクシュアルヘルス」(分担研究者:野坂祐子)により作成されました。


その他ご案内制作物(申し込み制)
性暴力にかんするもの

※現在、在庫がなくなり頒布は終了しています。

大人向け

啓発・研修用教材『ほんとはつたえたいことがあったんだ~子どもに対する性暴力事例 気づくことで変わること~』

子どもの性暴力被害の実態について理解するために、小学生から高校生まで女子と男子をモデルにしたフィクションの事例を作成し、解説をした冊子です。
さまざまな被害状況や子どもの心理状態について知ることで、性暴力被害を受けた子どもの気持ちを理解することができます。また、被害後の対応についてQ&Aでまとめてありますので、サポートについて基本的な知識や態度を学べます。
大人自身が性暴力の現実を知ることで、変わることがたくさんあると考え、作成しました。無料頒布いたしますので、希望者はお申込み下さい。
 

※この冊子は、平成22年度大阪教育大学戦略的重点経費若手教員等研究助成経費「学校危機としての性暴力に対する教職員用マテリアルの開発」(研究代表者:野坂祐子・岡田実穂【RC-NET レイプクライシスネットワーク代表】)により作成されました。