リーフレットダウンロード

子どもの性の健康に関する心理教育用教材です。
心理教育とは、健康に関するさまざまな問題について、子ども本人や保護者・教員などが、基本的な知識を学び、「自分だけではない」と知ってエンパワーされるような説明のことです。誤解をなくして、正しい対処や対応をすることができます。
子ども向けの教材は、子どもに渡すだけではなく、大人が読み聞かせながら活用してください。一緒に考えてくれる大人がいるということが、子どもの支えになります。

心理教育用教材(ダウンロード可)

性暴力・性的搾取

子供向け

わたしはだいじょうぶ! ~ほんとかな? 気をつけて、こんなワナ~



ダウンロード
 
春期の男女をターゲットにしたさまざまな性的搾取の実態について、そのリスクと対処法を説明するリーフレットです。実際に子どもが巻き込まれやすい犯罪やトラブルを示しながら、子どもはあくまで被害者であり、早い段階で助けを求める必要性について説明しています。
施設職員や保護者など、子どもの身近にいる大人も知っておくべき情報です。
施設入所児童(思春期)への心理教育などに、ご活用ください。
 

※この小冊子は、平成29年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業「児童自立支援施設の措置児童の被害実態の的確な把握と支援方策等に関する調査研究」により作成されました。

子供向け

『はなしてくれてありがとう ~性暴力被害からの回復に向けて~』



ダウンロード
「何が起こったんだろう…」「自分が悪かったのかも…」など、性被害を受けた女の子や男の子のさまざまな気持ちに対して、性暴力の説明や被害後の気持ち、リラックスするための方法などが書かれたリーフレットです。 

小学校高学年くらいを対象としていますが、中高生にも使えます。また、年少の児童にも、大人が読み聞かせてあげれば理解できる内容です。

※このリーフレットは、平成21年度文部科学省科学研究費補助金「子どもの性暴力の影響と加害少年への教育的取り組み」および平成22年度大阪教育大学戦略的重点経費若手教員等研究助成経費「学校危機としての性暴力に対する教職員用マテリアルの開発」(研究代表者:野坂祐子)により作成されました。

大人向け

『子どもをささえるためにできること~性暴力被害にあった子どもの回復のために~』〔改訂版〕



ダウンロード
 
保護者や教員、施設職員の方など、性被害を受けた子どもの身近にいる大人のためのリーフレットです。「まさか、うちの子が…!?」「なにをしたらいいか、わからない…」といった大人のショックやとまどいの気持ちは、自然なものです。大人が性暴力について正しく理解し、子どもへの具体的な対応を知ることで、子どもをサポートできます。子どもへの対応についてQ&Aも載っています。
性問題行動ニーズを理解するための情報を加えた改訂版です。 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般)「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

大人向け

『どうしたらいいの? ~きょうだい間の性暴力を知ったとき~』



ダウンロード
 
きょうだい間での性暴力が起きた家庭の保護者のためのリーフレットです。保護者やそれぞれのきょうだいのケアや対応にあたる、児童相談所の職員の方などにお使いいただけます。被害を受けた子どもへのケアと、加害をした子どもへの対応の両方が必要になるため、保護者の理解と協力が欠かせません。支援のポイントをまとめましたので、ご活用ください。
 

※このリーフレットは、平成24年度文部科学省科学研究費助成事業「子どもの性被害と性加害への心理教育的アプローチ-性的発達の観点から-」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

大人向け

『安心・安全なくらしのために ~施設内での性問題行動の理解と支援~』

安心・安全なくらしのために ~施設内での性問題行動の理解と支援~

ダウンロード
 
施設内での子どもの性問題行動に対応する職員のためのリーフレットです。 性問題行動の予防のために、事前に職員が知っておき、日常生活で気をつけること、実際に性問題行動に気づいたときに取り組むべきことをまとめています。性問題行動の早期発 見と被害・加害の双方の子どもへのケアのためにご活用ください。
 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般 )「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的 介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。


トラウマ

子ども向け

わたしに何が起きているの? 〜自分について もっとわかるために~

わたしに何が起きているの? 〜自分について もっとわかるために~<

ダウンロード
 
虐待や逆境的な家庭環境によるトラウマから、問題行動や不適応を示すようになった子どものための小冊子です。「こころのケガ」であるトラウマを受けると、どうなることが多いのか。そして、そうした苦痛への対処法が、次第に行動の悪循環を生じさせてしまうことを説明しています。施設入所児童(児童期~思春期)への心理教育などに、ご活用ください。
 

※この小冊子は、平成29年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業「児童自立支援施設の措置児童の被害実態の的確な把握と支援方策等に関する調査研究」により作成されました。


一般的なストレスに関するもの

子ども向け

『やってみよう! ストレスチェック ~こころとからだの安心・安全のために~』

『やってみよう! ストレスチェック ~こころとからだの安心・安全のために~』

ダウンロード
 
子どもが自分の心身の状態をチェックし、日常生活のなかで取り組める対処法をリストアップするワークシートです。被害の有無や内容を特定していないので、どの子どもにも使えます。何らかの被害を受けた子どもには、簡易なアセスメントとして用いることもできます。やりとりのなかで、子どもが「自分のことをわかってもらえる」と感じられるよう、サポートしながら一緒に取り組んでください。また、グッドライフモデル(GLM)に基づいた生活充実度のチェックと目標設定もできます。GLMの考え方や具体的な内容は、『性加害行動のある少年少女のためのグッドライフモデル』(藤岡淳子・野坂祐子監訳,2015,誠信書房』をご参照ください(※GLMは性被害体験のある子どもにも活用できます)。小学生から高校生に適しています。
 

※このリーフレットは、平成28年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C)一般)「子どもの性暴力の被害-加害に対するグッドライフアプローチを用いた心理・教育的介入」(研究代表者 野坂祐子)により作成されました。

子供向け

『ココロとカラダのチェックをしてみよう&リラックス法』



ダウンロード
 
つらかったことや思うようにならなかった経験があると、その後、時間が経過してもストレス反応がでることがあります。また、何かのきっかけで調子が悪くなることも自然なことです。
こうしたストレス反応がおきたときに、セルフチェックをし、自分の心身の状態を理解することは、健康を守るうえでとても大切なことです。また、呼吸法や筋弛緩法と呼ばれるリラックス法、子どもができる問題解決法なども紹介されています。
 

※このリーフレットは、平成22年度大阪教育大学戦略的重点経費若手教員等研究助成経費「学校危機としての性暴力に対する教職員用マテリアルの開発」(研究代表者:野坂祐子)により作成されました。


カウンセリング用ワークブック(書籍紹介)
性暴力・性的搾取

「My Step 性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育」
野坂祐子・浅野恭子著(2016),誠信書房

http://www.seishinshobo.co.jp/book/b239955.html
 子どもの性被害の特徴や支援のポイントを解説した「理論編」と、子どもと一緒に取り組む際に活用できるさまざまな課題をワークシートとともに紹介しています。ワークシートはCD-ROMに収録されており、そのままお使いいただけます。

 

※この書籍は、平成22年度厚生労働省科学研究費補助金エイズ対策研究「個別施策層(とくに性風俗に係る人々・移住労働者)のHIV感染予防対策とその介入効果の評価に関する研究」(研究代表者:東優子)における分担研究「生活困難を抱える女子のセクシュアルヘルス」(分担研究者:野坂祐子)により作成された「My Step ~わたしのためのノート」について、支援者からのフィードバック調査をもとに大幅に加筆・修正したものです。