子どもの性の健康研究会

トピック

2017.3.8 【NEWS】子ども向け心理教育ワークシートができました!

性被害を受けた子どもへの支援において、子ども自身がこころやからだの状態に目を向
けて、身近な大人に理解してもらうことは、回復に向けた第一歩になります。「どんな
感じ?」と尋ねるだけでは、うまく答えられない子どももいます。子どもと一緒にワー
クシートに取り組むことで、「こんなふうになることもあるよ」と心理教育をすること
ができます。また、『こころの救急箱をつくろう』という日常生活のなかで取り組める
対処法をリストアップする課題も含まれています。ふだんから子どもがやれていること
、得意なことなど、子どものストレングス(強み)を生かしながら、リラクセーション
法や問題解決法を伝えましょう。『今の生活充実度をチェックしてみよう』では、グッ
ドライフモデルの考え方に基づいて、よりよい人生を自分で選択していくことをサポー
トします。
被害の有無や内容を特定していないので、どの子どもにも使えるものです。ストレス予
防や健康教育、自立支援として活用いただくこともできます。
【リーフレットダウンロード】のページから、ダウンロードできます。

トピックス一覧
新着情報
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
リンク