子どもの性の健康研究会

トピック

2018.8.27 【研修案内】シンポジウム「組織が変わる! トラウマインフォームド・ケア」(10月20日:東京)

大阪大学「地域(みんな)で支える子どもの回復ネットワーク」・武蔵野大学 共催

 

第5回シンポジウム「組織が変わる! トラウマインフォームド・ケア」


大阪大学「地域(みんな)で支える子どもの回復ネットワーク」(Trauma Informed Care for Children in Osaka;TIC-CO)と武蔵野大学との共催シンポジウムです。

 

◇日時:2018年10月20日(土)10:00~17:00


◇会場:武蔵野大学 有明キャンパス 3号館 301教室
(りんかい線「国際展示場」駅/ゆりかもめ「国際展示場正門」駅より 徒歩5分)
https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/

 

◇プログラム
≪午前の部≫(10:00~12:00) 上映会と解説
『トラウマの視点から支援を見直してみよう ~子どもが抱えるあらゆるニーズに応えるために~』
サンドラ・L・ブルーム(ドレクセル大学 准教授)
※本プロジェクトによる翻訳・日本語吹き替え
解説:野坂祐子・酒井佐枝子(大阪大学TIC-COプロジェクト)

 

≪午後の部≫(13:00~17:00) シンポジウム
『トラウマインフォームド・ケアの実践と支援者の育成』

◎Part 1 「子どもと生きる、子どもと育つ ~児童養護施設での生活支援と支援者の役割~」
田岡 由紀子さん(児童養護施設 恩寵園、ファミリーソーシャルワーカー)
【聞き手】村上 靖彦(大阪大学TIC-COプロジェクト)

 

◎Part 2 「トラウマを知る、トラウマを学ぶ ~援助者になるために必要なことはなにか~」
星野 美也子さん(武蔵野大学大学院生/心理臨床センター実習生)
吉田 博美さん(武蔵野大学心理臨床センター カウンセラー)
【聞き手】酒井 佐枝子(大阪大学TIC-COプロジェクト)

 

講演 「これからのトラウマインフォームド・ケアに向けて」
小西 聖子さん(武蔵野大学大学院人間社会研究科 教授)

 

◇対象:子どもの支援や教育に関心のある方 200名
(定員に達し次第、受付を終了します) 無料

 

◇TIC-COホームページの申し込みフォームからお申込みください
http://csh-lab.com/tic/contact/

※もしくはtraumainformedcare.osaka@gmail.comへメール送付
(「件名:第5回シンポ」、本文に「名前」と「所属」を記入のこと)」

 

◆この企画は、平成29-30年度大阪大学「知の共創プログラム」資金により「社会的養護で暮らす子どものトラウマインフォームドケア/システムの構築」に関する研究として実施されるものです(プロジェクトメンバー:野坂祐子・酒井佐枝子・村上靖彦)。

 

 

トピックス一覧
新着情報
2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リンク